飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます

帯広名物の豚丼、もちろん空港でいただきます

170818114954_0051
 長めのお盆休みを取っている人たちが首都圏に帰るラッシュの時期。帯広空港も大混雑で、定刻に羽田からやってきた飛行機が30分ほど遅れて出発するほど、カウンターもXレイも大混雑だったようです。そんな羽田行きが出発する2時間ほど前、ローカル空港なら人っ子一人いないぐらいの時間帯のはずなんですが、10組以上の乗客がすでに空港にいらっしゃったのにはちょっとビックリしました。お昼ちょと前のレストランも、混雑というほどではなかったのですがそこそこ賑わっておりました。

 帯広を含めた十勝エリアは旨いものがたくさんありますが、有名なのが豚丼。帯広の中心街あたりなどには有名店やら人気店やら老舗やらお店がいろいろあるのですが、空港好きなのであえて空港でいただきます。新千歳空港のなかにもドライブインいとうの支店などでいただけますが、お膝元の帯広空港のレストランにもちゃんとありました。

 帯広市内の味処たむらのもののようで、たれも販売されておりました。発注からほどなくしてとどいた豚丼の器からは香ばしく焼かれたタレと肉の香りが。甘めのタレが豚肉を包み込み、またごはんにもふんだんに染みこんでいて美味しゅうございました。

 トッピングを追加できるようで、本店でも卵のトッピングがオススメされてます。ほかにも山芋やネギなどが選べるようで、濃いめの甘いタレを合わせるとうまそうなものばかり。ビールが合いそうですが十勝エリアだけあり、地元のワインも用意されています。

170818120118_0052