飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます

普段見られない航空パーツを愛でながら食事ができる場所が福岡空港にあった

171110085722_0060
 記事にした因幡うどん博多カレー研究所がある福岡空港のフードコート「the foodtimes」はシックでオシャレな雰囲気の内装なのですが、その一角がさらに飛行機好きとかメカ好きの心をわしづかみにする感じになってたのに、カレーを食べながら気づきました。

 いかんせん、ガラス越しなので写真に撮ると反射がひどいのでちょっと分かりにくいと思いますが、こんな感じで航空機のパーツが展示されているんです。

171110085638_0044
 こちらは左からB767の燃料系の計器とB747の姿勢を示す計器、客席のエンタテインメントをコントロールする機器だそうです。


171110085659_0023
 こちらはB767にあった操縦士の酸素ボンベ。下のケースみたいなのはなんでしょうねえ。


171110085709_0012
 こちらはB747-400にあった、エンジンに取り込む空気の量を調節するためのバルブ。あれだけの大きなエンジンですから、部品と言ってもデカいですねー。


171110085620_0067
 と、わかったようなキャプションが付けられるのは、ちゃんと展示されている部品が何なのかを示すプレートがあるから。ちゃんと部品の使用目的と使われていた機種名が書かれていて、ちょっとした博物館ぽくもあります。ただ、写真を見て分かるようにテーブル席が並んでいるところにあるので混雑しているときは展示をゆっくり見ることはできませんが、ここの席を確保できれば航空部品を眺めながら食事ができます。ちょっと変わった展示方法だったので、こちらで紹介してみました。