飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます

改装工事中の伊丹で、眺望がほぼなくなった展望デッキに眺望を探しに行ってみた

DSCF1510
 ただいま絶賛大改装工事まっただ中の大阪国際空港(伊丹)。先日、展望デッキが展望デッキではなくなるというリリースが出て、改装もいよいよ佳境に入ってきたのかなという気がいたします。しかし、眺望は完全になくなるというわけではないようで、リリースでは「ほぼ眺望がなくなる」という表記。どんなことになっているのか、伊丹の展望デッキに行ってみました。




DSCF1484
 2階の展望デッキに上る階段前にはちゃんとお知らせボードが。しかし、ウェブサイト上では「12月からは徐々に展望デッキ自体の閉鎖箇所が出てきます」と書かれていたのに、こっちでは全面閉鎖と。はたしてどっちが正しい情報なのでしょうか。眺望がない展望デッキには普通は用事がないので、どちらでも大きな問題じゃないとは思いますが。

2017年12月4日追記
公式ホームページに展望デッキ全面閉鎖についてのお知らせが出ました。航空関係のニュースサイトによれば、リニューアル後はアクリル製フェンスになるとのこと。


DSCF1487
 展望デッキが驚きの白さに! 工事の囲いと曇天が同化してこんなんなっちゃいました。この写真じゃよく分からないと思いますが、ガッツリ囲われてます。


DSCF1490
 ひきつづき、囲いと空が同化した写真で失礼します。台のようになっているところから見ればすこしは眺望があるのかと思って登ってみて、かつカメラを高くしてみても何も見えず。ヒコーキの音がするばかりです。


DSCF1494
 唯一眺望があったのはこの場所。北ターミナルビル展望デッキの南端と、

DSCF1501
 南ターミナルビルの北端の部分。これ以外はほんとうに眺望がありませんでした。北ターミナル側であれば、かろうじて滑走路に着陸する航空機が見えます。エプロンは工事をやっている関係もありクリアには見えない感じです。


DSCF1515
 展望デッキに面したところにあるインテリアショップのアクタスは12月以降も営業しているとアナウンスしているものの、売り尽くしセールをやっているので一旦閉店するんでしょうか。70%オフは魅力的ですが持って帰れるようなものでもないし、送ってもらったら結果高く付きそうです(笑)。